ケーススタディCase study

トーマス科学器機株式会社

コンクリートにおける圧縮試験の前処理(水中養生)をしたい

コンクリートにおける圧縮試験の前処理(水中養生)をしたい

コンクリートにおける圧縮試験の前処理(水中養生)をしたい

100L以上の水槽でコンクリートの養生をしたい
圧縮試験に使用するコンクリ―トを養生する際には水中養生を行い、処理したコンクリートは、主に圧縮試験を行う試験体に用います。(標準水中養生)

試験体は熱すぎても冷たすぎても良くないため、温度は20℃±3℃に設定し、コントロールする必要がありますが、その際の冷却機能として投込式クーラーを使用し、槽内を恒温保持します。
※投込式ハンディクーラーは冷却器ですので、その他必要な設備として、槽内を攪拌する装置(撹拌機・ポンプ等)が必要となります。

弊社の産業用ハンディクーラーシリーズでは、お客様の御使用環境や必要能力にあわせて機種を選定いただけます。
冷却コイルの形状変更等のカスタマイズもお受けしておりますので、お気軽にご相談ください。