サービス・サポートService support

トーマス科学器機株式会社

フロン排出抑制法

平成14年4月1日より施行されている「特定製品に係るフロン類の回収及び破壊の実施の確保等に関する法律(フロン回収破壊法)」が平成27年4月より改正され「フロン類の使用の合理化及び管理の適正化に関する法律」(略称「フロン排出抑制法」)が施行されます。
これにより製品の廃棄時だけでなく製品の使用中においてもフロンを大気中に排出しないように管理することが求められます。
詳細はお手数ですが環境省のホームページでご確認願います

弊社の対応

弊社の製品(冷凍機を搭載しているもの)はこのフロン排出抑制法の定める第一種特定製品に該当します。
弊社は製造業者として、該当製品や製品同梱の製品検査表に冷媒種類・充填量・定格出力の表示を行います。
また、第一種フロン充填回収業者として登録し、省令にもとづきフロンの充填・回収を行います。

お客様への影響

過去に生産されたものを含めて弊社の製品(冷凍機を搭載しているもの)をご使用になられているお客様は管理者として

  1. ①適正な場所への設置等
  2. ②機器の点検(4半期に1回以上)
  3. ③漏えい防止処置、修理しないままの充てん原則禁止
  4. ④点検の履歴の保存等

といったことを実施する必要があります。

また、廃棄する場合は回収登録業者にフロンの回収・破壊を依頼し、その費用を負担しなければなりません。
違反した場合には罰則(1年以下の懲役もしくは50万円以下の罰金)が適用されます。
令和2年4月より法律が改正され即座に罰金が科せられますのでご注意願います。

管理すべき内容や弊社製品の廃棄についてご不明なお客様はお手数ですが環境省のホームページ等でご確認いただくか弊社までお問い合わせください。

弊社機器の使用フロン等の情報公開について

弊社製品をフロン排出抑制法に伴い管理するにあたって冷凍機の冷媒種類・充てん量・冷凍機の定格出力の情報が必要です。
弊社では2015年4月1日以降に出荷いたします製品には上記のとおり表示しております。
すでに販売済みの製品につきましては申し訳ありませんがお問い合わせをいただいた順に速やかにご回答しております。
製作時期により使用している冷凍機が異なっており、正しい情報をご返答するためお問い合わせに対して個別対応とさせていただいております。
また、お問い合わせの際には誠にお手数ですが製品の製造番号、もしくはご購入年をお知らせ願います。
製造番号の確認方法についてはこちらをご参照願います。

弊社機器の点検方法

弊社製品の点検方法を簡単にA4の用紙1枚にまとめてご紹介しております。
お手数ですが点検方法のリンクをクリックしてください。