ケーススタディCase study

トーマス科学器機株式会社

60℃の水(200L)を室温以下に冷却したい

60℃の水(200L)を室温以下に冷却したい

60℃の水(200L)を室温以下に冷却したい

タンク(200L)が周囲温度や熱交換先の影響により水温が上昇してしまうため、冷却して室温以下で保持したい。
周囲温度が高い時期や循環先の熱交換器によって、タンク内の循環水が非常に熱くなってしまう場合があります。
また、200Lの大容量タンクや60℃の温度からの冷却となりますと、従来、大きな装置が必要です。

弊社の投げ込み式ハンディクーラー「TRL-107GV」の場合、設置スペースを省スペース化し、従来冷凍機を動かすことができなかった温度域(40℃以上)を冷却可能にする独自の設計で、ラボスケールから産業用まで様々なシーンにご利用可能です。
装置には温度調節器が標準装備され、任意の温度に制御ができます。

また冷却コイル部に関しましては、標準仕様の他、お客様の投げ込み先状況に合わせてサイズ・形状・材質変更を随時お受けしております。
ご希望の際はお気軽にお問い合わせください。

カテゴリ

投込式ハンディクーラー
投込式ハンディクーラー

冷却コイルを水槽内に投げ込むだけで槽内の液体を冷却することができます。