ワンポイント情報One point info

トーマス科学器機株式会社

No.43 比熱・密度・比重

使用する媒体液の比熱・密度・比重を知ることは冷却や昇温に必要な能力を計算し、製品の選定をするうえで重要なポイントになります。
例えば1時間あたりの必要冷却能力を計算する計算方式は

⊿t(初期温度 ― 到達温度)×密度×容量×比熱 = 冷却能力(kcal/h)
もしくは
⊿t(初期温度 ― 到達温度)×比重×容量×比熱 = 冷却能力(kcal/h) となります。

水の比熱は1g/k・C 密度は1g/cm3 比重は1ですので水より比熱や密度、比重がおおきいと必要な能力は大きくなり比熱や密度が小さいと必要な能力も小さくなります。
弊社でも必要な能力の計算のお手伝いをさせていただきます。
ぜひ、ご相談ください。

用語の定義 
比熱は、単位質量の物質の温度を単位温度だけ上げるのに必要な熱量。
密度は、物質の単位当たりの質量。
比重は、基準となる物質と同体積のある物質の質量比。
液体の場合、密度と比重の数字がほぼ同じとなるので混同されることが多いのですが、密度は実際の質量で比重は液体の場合、水の値との比較値となっています。