ワンポイント情報One point info

トーマス科学器機株式会社

NO.22 電源環境を確認しよう(その2)

NO.19 でもご紹介しましたが弊社の製品はどれも運転に際し電気を必要とします。
電気を取るところ=電源環境がしっかりしていないと製品の性能を十分に発揮できない ばかりか故障の原因にもなってしまいます。

よくお問い合わせがあるのが 1つのコンセントに複数台の製品を接続されている場合です。
そのコンセントに十分な AC100V30A (3000VA) が供給されていても 定格電源が AC100V11Aの製品を3台接続して同時に運転すると必要になる電気容量は3300VA にな り1台が11Aですから電圧が 90V に減圧されてしまいます。
これでは製品の運転に必要な電気容量が十分に供給されていないことになります。

同様に延長コードを利用して複数台の製品を接続されている場合も同様の問題が発生してしまいます。
それだけではなく延長コードに接続できる電気容量を超えると延長コード自体が熱くなり火災発生 などの危険もあります。
また延長コードの長さが長いと製品に十分な電気容量を供給できない場合もあります。

製品のご使用に際しては、電源環境をご確認いただきますようお願い致します。